Interview, translation and artist engagement by A.J Dinsdale of ‘KayoCo.

Rage is a Japanese artist releasing designer toys and other works under the Grape Brain name. His works are vibrant, full of personality and combine Eastern and Western styles and motifs into something all its own.

Wanting to get to know him better, our Japanese speaking correspondent A.J sent Rage some questions to answer over email. It’s our first ever duel language interview and we are excited to present it to you!

You can read our interview with Rage – in both English and Japanese – below…

GRAPE BRAINの名前でデザイナーのおもちゃやその他の作品を作っている。作品は活気に満ち、個性に溢れ、東洋と西洋のスタイルとモチーフを組み合わせて独自のものにしています。

私たちの日本語を話す会員のA.Jさんもっとよく知りたいと思って、メールでGRAPE BRAINに質問を送くりました。これは私たちの初めての決闘言語インタビューであり、あなたにそれを提示することに興奮しています!

下のインタビューを英語と日本語の両方で読めます。

☆ Name:

RAGE, I make work under the name of GRAPE BRAIN.

Hometown?

Fukuoka prefecture in Japan.

Where do you live now?

Fukuoka prefecture in Japan.

What is your earliest memory of making art?

I’ve always loved drawing. From a very young age, I was drawing all the time.
I couldn’t possibly remember the first time!

Artwork by GRAPE BRAIN featuring the first appearance of Hell’s Cat Onigiri.

When and why did you decide to make art toys?

I have been interested in art toys since I was in my twenties. I always thought I’d like to make my own someday. My first art toy debuted five years ago.

GRAPE BRAIN’S first Sofubi, Inari the Space Komusubi.

☆ I’m a big fan of the manga on your website. Do you have any plans to make more?

Thank you very much. I have dreamed of being a manga artist since I was a child, but I’m an easily bored type of person, and I often lose focus before a story is completed…

That’s the main reason why I shifted to expressing myself through illustrations.

I really like drawing manga, so I’ll continue doing it, but it will probably be in short story form.

An example of GRAPE BRAIN MANGA that can be found on the website www.grapebrain.net

☆ What do you think is the main difference between the East and West art toy scenes?

That’s quite clear to me. Western audiences like big and powerful designs. Eastern audiences like small and cute designs.

I like both styles, and I try to incorporate both elements into my designs.

Zombie Rat Thrilla and Zombie frog GeboGebo Soft Vinyl Art Toys by GRAPE BRAIN.

☆ What was the significance of toys to you as a child?

I had so many toys. Toys were objects to collect, but also like a real friend to play with.
It’s still the same, even as an adult.

Toys are very important items in shaping me into the person I am.

☆ You have done many collaborations with artists. Recently, Candie Bolton and previously Mishka. Do you have a favourite experience?

I can’t decide on a favourite. I respect all the artists I’ve worked with. They all brought something interesting to the projects.

If there is a good match of style and vision with a particular artist, I would like to continue to do collaborations like these in the future.

Result of a collaboration between GRAPE BRAIN and New York based fashion and record label Mishka.

GRAPE BRAIN’s work has themes of Eastern and Western culture. What are some your inspirations?

My work is full of contradictions, as written on the top page of the homepage. That’s because I only draw what I like.

I really appreciate and am interested in different cultures from around the world. With GRAPE BRAIN, I want to create a world that unites all these ideas.

Text from the top of GRAPE BRAIN homepage below:

Grotesque yet cute. Dated yet cool. Erotic yet pure. Rock yet pop.
Japanese-style yet western-style. Digital yet analog. Violent yet peaceful.
A fool yet a genius. A grown up yet a child.
GRAPE BRAIN – a graphic machine, possessed by a ‘Grape Brain (Matter)’
Full of paradoxes. GRAPE BRAIN represents the way of life of a perverted man named ‘RAGE’, who can’t do anything other than drawing.

GRAPE BRAIN x Unbox Industries Spongebob Square Pants.

Do you have any favourite parables or myths?

My favourite stories are of the Japanese youkai.

Youkai can be monsters and also gods. They do both good and bad things. They are scary, but also charming. There is a lot of contradiction.

Youkai are my original inspiration. I also love Western monsters.

GRAPEBRAIN artwork of a traditional Japanese Youkai called ‘Kappa’.

☆ Tell us about the processes related to soft vinyl manufacturing, from the concept, to sculpting, making, packaging and final release.

An idea for a toy will strike me. I build it up little by little in my head. When it feels organized, I’m ready to draw it out on paper.

My job is to design the character and do a 3D-view drawing (turnaround).
The sculpting, moulding and painting processes are outsourced.

After that, I will design the package and package it myself.

Early stages of the Makaroni sculpt.

☆ Who would win in a fight between your characters Makaroni and Onigiri?

Makaroni is a Mexican salamander, and Onigiri is a cat, so if they had a fight, onigiri would probably win.
But they don’t fight.

Onigiri and Makaroni: they don’t fight.

☆ Do you have any future projects?

I have many projects in the works. I can’t announce anything right now, but please look out for them.

I am looking into making art outside of art toys as well.

☆ Where can people find you if they want to get in touch?

Follow my social media and message me on there.

JAPANESE TEXT BELOW:

(Q) ☆故郷はどこですか。
(A) 日本の福岡県です。

(Q) ☆今どこに住んでいますか。
(A) 日本の福岡県です。

(Q) ☆いつ、そしてなぜ最初にアートを作り始めたのですか。
(A) 幼少期からずっと絵を描句ことが好きでずっと描いています。
だから最初がいつだかわからない。

(Q) ☆いつ、なぜアート玩具を作ることにしたのですか。
(A) アート玩具は20歳代の時から興味がありました。
ずっといつか作りたいと思っていました。
初めて作ったアート玩具は5年前です。

(Q) ☆ウェブサイトで漫画の大ファンです。もっと作る予定はありますか。
(A) ありがとうございます。
僕は幼少期から漫画家を夢見ていました。
でも僕は飽き性でで一つの物語が完成する前に飽きてしまう。。。
だからイラストで世界観を表現する事にシフトしました。
短編であれば漫画を描くことはとても好きなので今後も描き続けます。

(Q) ☆東西のアートトイシーンの主な違いは何だと思いますか。
(A) それは明確にあります。
西洋では大きくて迫力のあるデザインを好みます。
東洋では小さくて可愛いデザインを好む。
そういう意味では僕は両方の要素を兼ね備えていると思っています。

(Q) ☆子供の時、おもちゃはどのような意義を果たしましたか。
(A) 僕はたくさんのおもちゃを手に入れました。
コレクションの対象でもあり一緒に遊ぶ友達でもありました。
それは大人になっても続いています。
僕を形成する上でとても重要なアイテムです。

(Q) ☆東西のアーティストとコラボレーションをしています。例えば、Candie Bolton や Mishkah などです。 一番好きなありますか。
(A) 一番は決められない。
全てのアーティストを尊敬しています。
彼らは僕に興味を持ってくれました。
僕の世界観とマッチする相手であれば、
今後もその気持ちに応えていきたいと思っています。

(Q) ☆GRAPE BRAINの作品には、日本と西洋の文化のテーマがあります。霊感は何ですか。
(A) 僕の作品はホームページのトップページに書いている様に矛盾だらけです。
それは僕の好きなものだけを描いているからです。
僕は世界中の文化に興味がありとても大好きです。
それを一つにした世界をGRAPE BRAINで生み出していきたい。

(Q) ☆一番好きな寓話や神話はありますか。
(A) 僕が一番好きな物語は日本の妖怪です。
彼らは化け物であり神様でもある。悪い事もするけど良い事もする。
怖いけど愛嬌もある。矛盾だらけの存在です。
彼らが僕の原点です。
西洋のモンスターも大好きです。

(Q) ☆最初のアイデアから、彫刻、作る、パッケージング、そして最終的なリリースまで、ソフA) ビの製造に関連するのプロセスについて教えてください。
(A) アイデアは突然思いつきます。
それを頭の中で少しづつ組み上げていく。まとまったら紙に描くのです。
キャラクターをデザインして3面図を描くまでが僕の仕事。
彫刻、成形、塗装は外注です。
その後僕がパッケージデザインをしてパッケージングします。

(Q) ☆まかろにとおにぎりの戦えば誰が勝つでしょうか。
(A) まかろにはメキシコサラマンダー、おにぎりは猫なので戦うとおにぎりが勝つかもしれない。
でも彼らが戦うことはないです。

(Q) ☆将来的にのプロジェクトがありますか。
(A) たくさんのプロジェクトが動いています。
まだ発表できませんが楽しみにしてください。
アート玩具以外のアート作品にも力を入れたい。

P.S / 追伸
AJさんはKAYOとして知られるメルボルンからアーティストです。日本語は母国語ではありません。まだ学んでいるので、間違いを許してください。 AJさんは、インタビューを辛抱強く理解してくれたGrape Brainに感謝します。